指輪のアレンジで自分らしさゲット

探してはみたもののどうにもお気に召すデザインが見つからなかった、既存のデザインでは満足できないという個性に重きを置かれる方には、一工夫アレンジを加えるのがオススメです。

例えば、自分でデザインしたものを元に加工してくれる工房に依頼したり、既にお持ちの指輪についている石のカッティングを変えて、マリッジリングの一部として新たに生まれ変わらせたりなどの方法があります。また、リングの内側に施すレーザー加工というのもあります。そこまで大掛かりなアレンジを加えずとも、指輪の皮膚に接する面に彫り物をしたり逆に膨らみを持たせるだけで、同じ指輪でも世界に二つと無い2人だけのオリジナリティが生まれます。

オーソドックスなイニシャルや結婚記念日にお互いの誕生日、2人にしかわからない秘密の言葉などそれらを彫るだけでも素敵な個性が出せます。指輪に膨らみを持たせる加工の場合は猫の肉球型やハート形などがあり、指輪を外した時に皮膚に少しだけその形が残ります。指輪を外しても別の形として残る一風変わった素敵なデザインです。

時が経つと共に、指輪のデザインもリフォームや更なるアレンジを加えることができます。2人で過ごす中で変わっていく2人に寄り添うように、指輪も進化するようで素敵ですね。

≪参考リンク≫ガラ おかちまち_結婚指輪デザイン情報
結婚指輪のリフォームも行っているサイトです。

結婚指輪の選び方

では世の先輩カップル達はどのようにして満足のいく指輪を探してきたのでしょうか。新婦に憧れのブランドがあって、予算内で気に入ったものが見つかればそれに越したことはありませんが、日本のみならず世界中には素敵な工房や宝飾店が存在しますので、それに相対して星の数ほど素敵な指輪も存在します。

エンゲージリングを既に着用している場合は、それを求めた宝飾店と同じ店で結婚指輪も購入するパターンや、エンゲージリングとマリッジリングを合わせて重ね付けできるデザインのものを選ぶというパターンもあります。どちらも夫婦の絆を象徴するためにつくるものですから、こだわりをしっかり持って作るのが大切です。

または、結婚情報誌に載っている指輪のカタログから選んだり、普段購読しているファッション誌に掲載されている広告を見て、直接販売店へ赴いて決めるのも良い手段です。

母親や、結婚相手のご母堂からマリッジリングを譲り受けることもあります。母から子へと指輪と共に家族の歴史も受け継ぐことのできる素敵なことです。その場合は、装飾の石のカッティングを変えたり、台座の差材をプラチナや金、金属アレルギーをお持ちならチタンに交換するなどのアレンジを加えることが多いようです。

結婚指輪で築く2人のオリジナリティ

プロポーズが成功したら、結婚式に向けた準備がスタートします。式場選びやドレス選び、結婚指輪選びなど、楽しいながらも決めることは山ほどあります。人生に一度の結婚式、一生忘れられない最高の思い出にしたいですよね。

結婚式は、育ててくれた親や友人、会社の上司などお世話になった人たちに自分たちの幸せを祝福してもらい、それと共に今までのご恩に感謝する場としての側面もあります。参加してくれた招待客に対してキメ細かなおもてなしをしようと思うと、席順やお料理に引き出物などの決断が多くなっていきます。また出席者側からしても、新郎新婦からの思いやりを感じることで好印象を持てるでしょう。

新婦にとっては、”花嫁”という一生で一番綺麗な姿で居られるひとときです。新郎始め、参列者のみなさんに深い印象を与えることができる、素敵なドレスを選びたいと思うものです。神前式の場合は着用するのは白無垢だけと思われがちですが、色打掛や引き振り袖と呼ばれるカラーバリエーションやデザインの豊富な着物も着用できます。

結婚式や当日の華やかなドレスは、当日以降は留めておけないのが少々残念ですが、写真やビデオという形で楽しむことになります。しかし指輪は、式を挙げた後の人生いかなる時もあなたの左手薬指で幸せな記憶を思い出させ、目をも楽しませてくれます。

既婚者でも指輪をつけない人や、手作業が多くなくしてしまう不安がある仕事に就いている為指輪をつけられない方もいますが、マリッジリングをする文化は現在の日本においてとても浸透しています。せっかくこれからの人生で毎日付き合っていく指輪ですから、自分たち好みのものを選びたいと思うのは当然のことです。