結婚指輪で築く2人のオリジナリティ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

プロポーズが成功したら、結婚式に向けた準備がスタートします。式場選びやドレス選び、結婚指輪選びなど、楽しいながらも決めることは山ほどあります。人生に一度の結婚式、一生忘れられない最高の思い出にしたいですよね。

結婚式は、育ててくれた親や友人、会社の上司などお世話になった人たちに自分たちの幸せを祝福してもらい、それと共に今までのご恩に感謝する場としての側面もあります。参加してくれた招待客に対してキメ細かなおもてなしをしようと思うと、席順やお料理に引き出物などの決断が多くなっていきます。また出席者側からしても、新郎新婦からの思いやりを感じることで好印象を持てるでしょう。

新婦にとっては、”花嫁”という一生で一番綺麗な姿で居られるひとときです。新郎始め、参列者のみなさんに深い印象を与えることができる、素敵なドレスを選びたいと思うものです。神前式の場合は着用するのは白無垢だけと思われがちですが、色打掛や引き振り袖と呼ばれるカラーバリエーションやデザインの豊富な着物も着用できます。

結婚式や当日の華やかなドレスは、当日以降は留めておけないのが少々残念ですが、写真やビデオという形で楽しむことになります。しかし指輪は、式を挙げた後の人生いかなる時もあなたの左手薬指で幸せな記憶を思い出させ、目をも楽しませてくれます。

既婚者でも指輪をつけない人や、手作業が多くなくしてしまう不安がある仕事に就いている為指輪をつけられない方もいますが、マリッジリングをする文化は現在の日本においてとても浸透しています。せっかくこれからの人生で毎日付き合っていく指輪ですから、自分たち好みのものを選びたいと思うのは当然のことです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket