結婚指輪の選び方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

では世の先輩カップル達はどのようにして満足のいく指輪を探してきたのでしょうか。新婦に憧れのブランドがあって、予算内で気に入ったものが見つかればそれに越したことはありませんが、日本のみならず世界中には素敵な工房や宝飾店が存在しますので、それに相対して星の数ほど素敵な指輪も存在します。

エンゲージリングを既に着用している場合は、それを求めた宝飾店と同じ店で結婚指輪も購入するパターンや、エンゲージリングとマリッジリングを合わせて重ね付けできるデザインのものを選ぶというパターンもあります。どちらも夫婦の絆を象徴するためにつくるものですから、こだわりをしっかり持って作るのが大切です。

または、結婚情報誌に載っている指輪のカタログから選んだり、普段購読しているファッション誌に掲載されている広告を見て、直接販売店へ赴いて決めるのも良い手段です。

母親や、結婚相手のご母堂からマリッジリングを譲り受けることもあります。母から子へと指輪と共に家族の歴史も受け継ぐことのできる素敵なことです。その場合は、装飾の石のカッティングを変えたり、台座の差材をプラチナや金、金属アレルギーをお持ちならチタンに交換するなどのアレンジを加えることが多いようです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket